ブログトップ

バ神主のぐだぐだ日記

skannushi.exblog.jp

萌黄鯖:元・覇王伝雑賀衆         通称:バ神主。           別名:採集中毒者。                 ↓の様に転がってます。

<   2012年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

どうも、バ神主です。


前回に引き続き、今回も提供されたネタを使いたいので


戦国覇王劇場(嘘)第六弾で行きます(゚∀゚)


今回は撮ったssが少なかった上にむりやりストーリー化させてるので

ネタらしいネタになっていないかも知れませんけど。・゚・(ノД`)・゚・。

しかも2回ブログが消えてしまったので焦って書き直し中です…タスケテ

どうにか仕上がりましたので読みたい方は下からどうぞ⊂(。Д。⊂⌒`つ






超極楽残念「うーむ、一体どうすれば…。」


とある屋敷の一角で、何やらぶつぶつ呟く人物が1人。

そしてその隣にも並ぶようにして座る人影があった。


b0165830_0164592.jpg



碧依賢太郎「なるほど…極楽殿も悩まれていたのですね。」

超極楽残念「というと、賢太郎殿にも想い人が?」

碧依賢太郎「ええ。」


縁側に仲良く並んで話していたのは偽招き猫たち…といっていいのかどうかは疑問だが

同じ一門メンバーである超極楽残念と、碧依賢太郎だ。

どうやら2人とも同じ悩みを抱えているようだった。


超極楽残念「想いを伝えるというのも難しいものですな。」

碧依賢太郎「そう簡単にできることでもないですしね。」


縁側からは2人のため息しか聞こえてこない。


超極楽残念「…解決しませんな…。」

碧依賢太郎「…ええ、とりあえずオレは戻ります。極楽殿も上手くいくことを願ってますよ。」

超極楽残念「そうですな、お互いがんばりましょうぞ。」


結論には至らなかったようだが、同じ悩みを抱えている者同士で話したおかげか

少し楽になったような表情の賢太郎はその場を離れた。

一方、別の場所でも悩みを抱えている人物が部屋で座り込んでいた。


b0165830_0183179.jpg



さくぞー「最近誰かに後をつけられている…一体誰なのだ…。」


そこにいたのは1人の忍者、さくぞー氏。

忍者というだけあり、自身の周りで感じる気配が気になるようだ。


さくぞー「もしや敵国の間者では…。」


武田の領土は現在敵国に囲まれていると言ってもよい。

戦以外でも気を抜けば己の命を落とすことになりかねない。

この瞬間にもさくぞーは何者かの視線を感じている。


b0165830_01918100.jpg



超極楽残念「…さくぞー殿…(*´д`*)」

さくぞー「・・・・・・・・・・・ぞくり


b0165830_0202634.jpg



さくぞー「な…何だ今の気配は…。」


あまりの寒気に思わず辺りを確認する。

正体を知りたいが、おそらく知らないほうが幸せであろう。


碧依賢太郎「…さくぞーさん?」


青い顔で辺りを見回すさくぞーに声をかけたのは賢太郎だった。

困っている人を放っておけない彼の性格ゆえだろう。

目の前に現れた賢太郎に事の一部を説明した。


b0165830_021136.jpg



賢太郎はおとなしくその話を聞いた。

悩みは異なるが自分の話も聞いてもらいたくなったのか、

賢太郎も自分の胸の内をさくぞーに明かした。


さくぞー「ふむ…なるほど。確かその子は…。」

碧依賢太郎「ええ、の妹です。」


さくぞー「…厄介そうだな…。」


そう、賢太郎の想い人というのは


b0165830_0225240.jpg



桜花一門のカツアゲ兄貴、山口龍一郎の妹、六花である。


六花とは年が離れているせいか、龍一郎の妹への思い入れは尋常ではない。

コイツと付き合いたいならオレを倒してからだ!という程度ならまだしも

龍一郎も百戦錬磨の傾奇者である。

近づくそぶりでもあろうものなら彼によって即、富士五湖の魚の餌にされる。

兄だけではなく、本人の六花もか弱い見た目でありながら


b0165830_0234938.jpg



武藤哲也「六花さん!僕とお付き合いをーーー!!」

山口六花「きゃーーー!!><;」


b0165830_0241726.jpg



寄ってくる男どもを叩きのめしているらしい。


さくぞー「…道のりは険しいな。」

碧依賢太郎「考えたくもありませんが…。」


おそらく問題になるのは六花よりも龍一郎の方だろう。

同じ一門の仲間とはいえ、説得させる自信はない。

しかしただ悩むだけでは何も解決しない。


さくぞー「お互い大変だけど…がんばろうな…。」

碧依賢太郎「そうですね…。」


心なしか2人がやつれて見える。


b0165830_0251545.jpg



その後、さくぞーは周囲で感じる気配のことを一門幹部のきゃぴてんに伝えた。

現時点で気配の正体を知らないのだから、さくぞー氏もかわいそうである。

そして一通り話をし終えたところで、きゃぴてんは通りかかった賢太郎を止めた。


b0165830_0254254.jpg



きゃぴてん「ああ、けんさんちょうどよかった。」

碧依賢太郎「ん?」

きゃぴてん「ちょっと話しておきたいことがあるんだけど、時間いい?」


まだ気分は晴れなかったが、呼び止められたので賢太郎はさくぞーと共にその場に座り込んだ。

すると何故か後ろの建物から龍一郎の妹、六花が出てきた。


b0165830_0261281.jpg



碧依賢太郎「えっと…話って?」

きゃぴてん「ああ、今さくぞーにも話してたんだが、オレ、六花と付き合うことにしたから^^」

碧依賢太郎「……え?」

きゃぴてん「ぐっさんからも話あったんだけど、前から六花に気に入られてたみたいで…。」

碧依賢太郎「あ、あの…えっと…。」

山口六花「そういうわけなのです^^けんさんも応援してね~!」

碧依賢太郎「・・・・・・・・・。」


さすがにコレはきつい。

唖然としている賢太郎に向かって自分達の仲を応援しろとは…。

先ほどまで賢太郎の話を聞いていたさくぞーも

六花の屈託のない笑顔を前にしてどうすることもできなかった。


b0165830_0264320.jpg



碧依賢太郎「・・・・・・うう・・・ぐすん。」

さくぞー「…何と言うかその…落ち込むなとは言えないけど…。」


よろよろと元いた部屋に戻ってきた2人。

たまたま居合わせたリープル氏と共に、さくぞーは賢太郎を慰めていた。


さくぞー「ほ、ほら!こういう時は酒でも飲むか!」

リープル最高「あとは…嫌な事を忘れるには体を動かしてみるとか!ちょっとはすっきり…できる…かも。」


さくぞーから事情を聞いたリープルも必死で賢太郎を励ましている。

今日は酔いつぶれるまで付き合ってやる!という意気込みもさくぞーから滲み出している。


碧依賢太郎「…リープルさん、ちょっと付き合ってもらっていいですか…。」


うつむいたままで賢太郎がポツリと呟く。

置かれていた懐剣を握り締めると、そのままよたよたと部屋を移動した。

何となく理解したのか、リープルもその後を追う。

本気で撃ち込んでくるだろうから防御はしっかりと…と考えていたのだろうが、


b0165830_0274139.jpg



碧依賢太郎「グルルルル」

リープル最高「いやいや!ちょっとまてええええええ!!!!


確かに体を動かせばいいと言ったのはリープル本人だが

まさか賢太郎が虎の姿で襲い掛かってくるとは思っていなかった。


リープル最高「け、けんさん、いくら何でもそれは…ぎゃあああああああ!!




b0165830_035677.jpg



碧依賢太郎「…招き猫先生…さすがに虎はやりすぎました…。」

招き猫「ニャー。」


けんさんに早く春が来ますように…


<完>




はい、アクシデントに見舞われながらもやっと完成です。・゚・(ノД`)・゚・。

さすがに2回ぶっ飛んだときはどうしようかと思いました。

この時同時にぐっさんも撮影していて、同じssはぐっさんのブログにもアップされています。

あの時にここまでストーリーができていればよかったんですが

約1週間ぼちぼち考えてどうにかこっちでもアップすることができましたw

使いたいssもありましたが、オレが撮り逃していたものもありましたので

1箇所ぐっさんのブログからssを借りてきました。

ぐっさんありがとねーwおかげで無事にできあがったよw

今回はけんさんがかわいそうな上になかざーさんまでとばっちりを食らうはめになりましたが

ラストはけんさんの助言によるものですw

とりあえず寝るまでに間に合ってよかった…
[PR]
by bakannushi | 2012-07-31 00:44
どうも、バ神主です。


今日私設にインすると、「新しく桜花にメンバーはいったよ」という話がありました。

そういや新しく人が増えるのって久々じゃないかなー(’’

色々キャラを持っておられるようですが、

今回は武士で一門入りをしていただいたそうです(*´∀`*)

早速ssつきで紹介を!


b0165830_21122495.jpg



うおおお!なんというイケメン!!!


今回の主役、新メンバーの武藤哲也さんです!ワーパチパチパチ~*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:* ミ ☆


二刀状態ですが、れっきとした武士だそうですw


b0165830_21144992.jpg



普段はこんな感じらしいです(’’

顔の大半が隠れてるのに何このイケメンオーラ全開は!

ぐむむ…バ神も負けていられませんね(ぇ


さて、武藤さんはまだ入ったばっかりだというのに


b0165830_21174998.jpg



いきなり誰かに絡まれていました。


なにこれ怖ェーーーー!!!(((( ;゚д゚)))))

コラコラ、いきなり絡んで武藤さんをビビらせるんじゃない。


以下、おもしろかったので

戦国覇王劇場(嘘)風にてお届けいたします!


前回移籍の時にやった紙芝居は4.5扱いなので、これは第五弾ってことにしておこう。

しかしストーリ仕立てってことで脚色しまくったせいで

ネタでもこんな内容でいいのか…という仕上がりに。。。


あくまでフィクションですので!!


さすがにやばそうなネタのような気がしなくもないので、

戦国(略)は下に隠しておきます。

何度も言いますが、あくまでもフィクションです。

ネタです、ネタ以外の何者でもありません!!

実際の桜花一門はこれっぽっちもこんなことはしませんので!

リアルにこんなことやったら即逮捕ですよww


ではそれを踏まえた上で読みたいお方だけ下からどうぞ⊂(。Д。⊂⌒`つ

戦国覇王劇場(嘘)
[PR]
by bakannushi | 2012-07-24 00:00
どうも、バ神主です。


今週は筆頭がPCをぶっ壊したらしくて稼動人数が少なめなこともあり

週末以外は評定とか採集をがっつりやった感じですね。


だからあれほどエロ動画はやめておけと…。


それでも週末はログインしてきたので、

さくっと箱ゲットするために関の忠勝をシバいてきました(`・ω・´)

そろそろ新装備が来るようですが、東西戦直後と言うこともあって


b0165830_2211782.jpg



桜花一門では現在ネコが増殖しております。


いや、右側はネコじゃないとかの苦情は受け付けませんw

メンバーが集まるまでにまったり過ごすのも大切ですよ(ぇ


今回は桜花で定番化してきた某構成でアタックです。

オレは雅楽くらいしかまともにボスできないのでいつもどおりですけど(‐ω‐)

まぁさくっといきますかー。

2→1で危険人物にはさっさと退場してもらいましょう。


b0165830_2310430.jpg



きゃぴさんの釣りを載っけるのも定番です(`・ω・´)


b0165830_22595353.jpg



2は順調に削って忠勝に取りかかりますが

このあたりから徒党内はてんやわんやw



中澤讓 :まだいきてるw
きゃぴてん :よけてw
碧依賢太郎 :お見事です^^
藤島茜 :にゃんこ武士がんばれーw
さくぞー :w
中澤讓 :避けることにゃんこの如し!
藤島茜 :wwww
碧依賢太郎 :風林火ニャンですね
中澤讓 :風林火にゃんw
さくぞー :ww
青蓮院緋色 :それいいなw
藤島茜 :ちょっとかわいいなw
碧依賢太郎 :ないすな風林火にゃん!


(※ログより抜粋)


何だ何だ、にゃんこ武士だとぅ!?


東西景品の改装具でネコになった武士がいますよセンセー!!

しかもこの武士が神がかり的な活躍を見せますw

滅却がはがれてもミリで生き残るし、凄まじい回避能力で攻撃もよけまくりw

さすがはネコ、素早さまで上がるとは恐るべし!


我らが桜花のにゃんこ武士!さぁいくんだー!




b0165830_23124252.jpg






はい、女キャラだと思った方々、ごめんなさい。

桜花に生息するにゃんこ武士は、れっきとしたです。


しかも忠勝でのssは耳がちゃんと写ってなかったという失態を犯していたため

急遽数日前の半蔵から画像を引っ張り出してきましたorz

このにゃんこ武士の活躍でもう徒党会話も盛り上がりすぎですw


きゃぴてん :やばすっw
きゃぴてん :一所懸命。極!!
聖ありす :自己治癒
中澤讓 :滅却
藤島茜 :がくがくw
碧依賢太郎 :全体看破入ります
さくぞー :了解^^
青蓮院緋色 :二者詠唱
きゃぴてん :ぴーんちw
さくぞー :4zf
藤島茜 :つってっw
きゃぴてん :滅却
聖ありす :全体治癒
藤島茜 :ぴーんちw
きゃぴてん :滅却っwww
中澤讓 :16cいくw
碧依賢太郎 :全体看破入ります
きゃぴてん :了解!!└(’’
藤島茜 :にゃん子先生おねがいしますwww
中澤讓 :つられてたw
藤島茜 :やべ めっちゃおもろいw
中澤讓 :いっしょおおおおおおおおおお


ええ、もう何でログのss撮らなかったのかと…自分を殴りたいですね。

ピンチになってもにゃんこ武士がどうにかしてくれるのです!

ほらほら!忠勝だって生命もうミリだぜ!1発クリアだな!


なーんて思ってたら、

神主の弓→旗直撃で瀕死→トンを食らってぽっきり:(;゙゚'ω゚'):


くそ…ヘイト吸収できてなかった…orz

これ絶対勝ったと思ってたw

まぁちょっとした油断ですね。・゚・(ノД`)・゚・。

でも勝てない相手ではないのですぐさま再戦です(`・ω・´)


b0165830_23253330.jpg



うん、順調順調。このままさくっと2を落としましょう。

しかし、ちょっとずつ釣り漏れが出てきて1がフリーに((゚m゚;)危険危険



きゃぴてん :kばーきましたーっw
藤島茜 :だれでしょう
藤島茜 :わたしでしょうかw
中澤讓 :青さんさよなら;-;
藤島茜 :青さんか!
青蓮院緋色 :きゃーーーw
藤島茜 :一番人気青さんw



まてやおまいらwwww




うん、敵のkバー=オレの死亡は公式化されてますからね!




b0165830_23265168.jpg




ところがどっこい!正解はけんさんでした!

うーん、またしてもヘイト吸えてなかったんかなー。


いつものボスならオレ一人が転がりまくってるんだけど…。


前如水やったときはとにかく酷かったしなw

あれはヘイト云々じゃなく、盾ーズの罠…いやなんでもない((゚m゚;)

まぁ旗直撃じゃなくてよかったよかった(’’

結局この後死んだのはオレとにゃんこ武士だけだったかなぁ?

それ以外は特に死者も出ずにガリガリ削れてましたね(*´∀`)


b0165830_23371647.jpg



にゃんこ武士の活躍は止まるところを知りません。

これだと胴装備に尻尾が生えてるところもばっちりですね(・∀・)


b0165830_23453137.jpg



結局最後の最後までにゃんこ武士を追っかけまわして

メインアタッカーのss全然撮ってねぇw

〆ですら撮るの忘れてたw

このあともらった箱は当然ながらはずれでした(ノ∀`)タハー

忠勝神秘…今度こそ!
[PR]
by bakannushi | 2012-07-03 00:01